なぜ妊婦さんは歯科検診を受けた方がいいのですか?

 

女性が妊娠すると、産科の病院でも地域の保健窓口でも、歯科検診を勧められることと思います。
なぜ妊婦さんが歯科検診を受けた方がよいのか、みなさまご存知でしょうか?

妊娠すると、つわりなどの体調の変化が起こることは有名ですが、食事の後、寝る前の歯磨きなど、今まで当たり前のようにできていたケアが難しくなったり、こまめに食事をとったり間食が増えてしまうことも重なり、虫歯のリスクが上がるのです。
さらに妊娠中は唾液の量が減ったりホルモンバランスの変化により、特定の歯周病菌が活性化しやすい時期でもあるため、歯肉炎になったり、気づかないうちに歯周病の症状が悪化していくことも多いのです。

このように、女性は妊娠をきっかけにお口の中の環境が急に悪くなることがあります。他にも、唾液量が減ることで口臭やお口の中の粘つき、ホルモンバランスの乱れから口内炎になりやすくなる症状なども、同様に起こる場合もあります。
こうした様々な理由から、妊婦さんには特に歯科検診を受けていただくことをお勧めしているのです。

では、妊婦さんはいつ歯科検診を受けるのがよいのでしょうか。
妊娠初期のつわりが治まり安定期に入った時期から、妊娠後期に入るまでが良いとされています。もちろん、必要な処置がある場合、無理に我慢されることは負担になりますので、妊娠されていることを歯科医院で相談の上、必要に応じて治療を進められることが望ましいと言えます。
レントゲン撮影や麻酔の影響も心配される方が多いと思いますが、歯科で使用されるデジタルレントゲンや局所麻酔は、それぞれごくわずかな最低限の使用で、影響についても心配ないことがわかっております。妊娠中であることや、お身体の状態をしっかり相談されれば問題ありません。

妊娠中は体調の変化も多く、なかなか歯科医院に行くことができない、もしくは気が進まない妊婦さんも多いと思います。ただ、出産の間際に症状が悪化したり、産後はますます外出が難しくなりますので、できるだけその前に受診されることをお勧めします。
また、妊娠中に歯周病を悪化させると、低体重児の出産の原因になったり早産の可能性が7倍以上にもなります。さらに生まれた赤ちゃんにお母さんの虫歯菌がうつってしまうなど、出産後にも悪影響は多々あります。

まずはご自分のお口の中の状態をしっかり把握し、気になる症状は早めに治されることが大切です。お子さんの将来のお口の健康を守るためにも、ぜひ予防や治療に取り組んでいきましょう!


当院の治療方針はこちらです。ぜひご覧ください。
おおくぼ歯科クリニックの治療方針

併設託児所については、こちらをご覧ください。
院内託児所「Smile Kids Home」のご案内

詳しくはスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

 

2017年5月28日 日曜日 | 12:22 PM - よくある質問

一覧へ戻る

無料メール相談・カウンセリング | 歯の痛み、悩み、お子様の歯の矯正等、質問やご相談にお答えいたします。お気軽にお問合わせ下さい。

075-707-2055

無料メール相談 カウンセリング
診察時間のご案内
アクセス

衛生管理・院内感染防止の取り組み

最先端CT導入

患者様の声

モグモグくらぶ

GROUP SITE

審美・ホワイトニングサロンホワイトニング情報サイトです。

インプラントサロン京都インプラントが、あなたの素晴らしい人生をサポートしてくれます!

おおくぼ歯科 採用サイト成長したい方、一緒に働きましょう!!京都 歯科衛生士 求人

おおくぼ歯科医院

ごう歯科クリニック

Osseointegration studyclub of Japan

SAT

SAT