子どもを虫歯(ミュータンス菌)から守ろう!「感染の窓」とは?

 

子どもは生まれたときから永久歯が生え揃う13歳頃までに3回、もっともむし歯になりやすい時期があると言われています。

この時期のことを「感染の窓」といいます。

むし歯になりやすい時期は3度ある

この感染の窓が開く時期にお子さんの歯をしっかりケアすることは、大切な歯をむし歯から守るために重要です。「感染の窓」というむし歯になりやすい時期は、歯が生えてくる頃と生え変わる頃と言われています。

■乳歯の奥歯が生え揃う頃
年齢でいうと1才7ヶ月から2才7ヶ月の頃です。
大人からむし歯菌が感染しやすい時期でもあります。

■6才臼歯(きゅうし)が生えてくる頃
およそ5才後半から6才頃までです。
この時期に一番奥に生えてくる歯のことを6才臼歯といいます。生えたばかりのこの歯は歯質が弱く抵抗力がありません。
歯肉から顔を出す間際は、特に歯ブラシが歯の表面に届きにくいため注意が必要です。

■12才臼歯が生え揃う頃
12才臼歯とは、一番奥にある6才臼歯よりさらに奥に生える歯のことで、13才頃までに生えます。
歯ブラシが届きにくく、目視で確認しづらい歯です。歯みがきが不十分になりやすく、6才臼歯と同じく生えてくる最中にむし歯になる子も多くいます。

*むし歯にさせないためのポイント

子どもの歯を守るためには、以下のポイントが大切です。
1.大人とスプーンなどを共有しない
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にむし歯菌はいません。むし歯菌は大人から感染してしまいます。それを防ぐために、スプーンや箸の共有は避けましょう。食べ物の口うつしも、もちろんNGです。
そしてまず、家族全員がお口の健康に気をつけましょう。
2.甘いものは避ける
むし歯菌を完全に避けることは難しいですが、甘いもの避けることで菌の増殖を防ぐことができます。
また歯によい食材を積極的に取り入れましょう。リンやカルシウムなどのミネラルを多く含むものや、よくかみ唾液がたくさん出るような食品がおススメです。
3.ダラダラ食べはNG
常にお口の中に食べ物があると、むし歯ができやすい酸性の状態に傾いたままになります。食事やおやつはきちんと時間を決めてとりましょう。
4.食後には歯みがきする
むし歯予防には食後の歯みがきが大切です。食べた後は必ずみがく習慣を子どもの頃からつけることは、生涯自分の歯でおいしく食べるためには重要です。
5.仕上げみがきをしましょう
まだ自分でうまくみがくことができない年齢のお子さんはもちろんのこと、一人でみがけるようになっても、小学校中学年くらいまでは仕上げみがきをしてあげましょう。
以上のことに気をつければ、「感染の窓」が開く時期をのりきり、子どものむし歯リスクを下げることができます。
一生健康な口腔内を保つためには、できるだけ早い時期からしっかりとした予防習慣をつくることが大切です。おおくぼ歯科クリニックでは虫歯予防に効果のあるフッ素塗布やシーラントなどの処置もさせていただいております。
疑問点、ご質問等ありましたらお気軽にスタッフまでお声かけ下さい。
ご予約はお電話、メールでも承っておりますので、ご連絡お待ちしております。

 

2018年6月15日 金曜日 | 9:30 PM - よくある質問, 予防歯科

一覧へ戻る

無料メール相談・カウンセリング | 歯の痛み、悩み、お子様の歯の矯正等、質問やご相談にお答えいたします。お気軽にお問合わせ下さい。

075-707-2055

無料メール相談 カウンセリング
診察時間のご案内
アクセス

衛生管理・院内感染防止の取り組み

最先端CT導入

モグモグくらぶ

GROUP SITE

審美・ホワイトニングサロンホワイトニング情報サイトです。

インプラントサロン京都インプラントが、あなたの素晴らしい人生をサポートしてくれます!

おおくぼ歯科 採用サイト成長したい方、一緒に働きましょう!!京都 歯科衛生士 求人

おおくぼ歯科医院

ごう歯科クリニック

Osseointegration studyclub of Japan

SAT

SAT