スタッフブログ

>>旧ブログはこちらから

むしばの仕組み

 

こんにちは、歯科医師の浅井です。うだるような暑さと不安定な天候の毎日ですが、皆様体調崩されていませんか?さて、海の日の昨日、我が家では、小学生の自由研究のまとめをしました。

今回テーマに選んだのは、卵の実験です。別名ぷよぷよ卵の作り方とも言います。卵をお酢に数日つけておくと、殻が溶けて薄皮に包まれた卵ができるというもの。お酢の酸が殻の成分であるカルシウムを溶かすという働きを利用した実験です。歯も同じような作りをしており、まさしく虫歯菌の酸が歯を溶かすという原理と似ています。

今週頭から5日間つけてみました。お酢、ファンタ、ビール、炭酸水、そして迷信??コーラで歯が溶けるというものも一つに加えました。さてさて結果は、、、お酢につけた卵は見事ぷよぷよ卵になり、他は卵の硬さには何ら変化はありませんでした。(ただ、コーラにつけた卵は黒くなりました。何だったのでしょう。。)お酢につけた卵ですが、2日目くらいから泡が出て、何度も回転していました。これはカルシウムが溶ける時に出るガス二酸化炭素だそうです。そして殻の溶けた卵は大きくなっていました。これは、殻が溶けタンパク質でできた薄皮が酸に触れたことで起きる浸透圧の変化だそうです。後からいろいろ調べていると私の方が夢中になってしまいました。この卵の実験を歯科とからめると、もう一つ!!フッ素の働きも証明できるのですが、それはやりたくないと言われ、、でも諦めきれない私は、お盆やすみにやってみます。研究結果に付け加えてくれるといいのですが。最後にこの実験は数日かかり、その間はどこからともなく臭う強烈なお酢の匂いとの戦いでもありました。

では皆様、素敵な夏休みをお過ごしください。

 

2017年8月12日 土曜日 | 7:11 AM - スタッフブログ

一覧へ戻る

無料メール相談・カウンセリング | 歯の痛み、悩み、お子様の歯の矯正等、質問やご相談にお答えいたします。お気軽にお問合わせ下さい。

075-707-2055

無料メール相談 カウンセリング
診察時間のご案内
アクセス

衛生管理・院内感染防止の取り組み

最先端CT導入

患者様の声

モグモグくらぶ

GROUP SITE

審美・ホワイトニングサロンホワイトニング情報サイトです。

インプラントサロン京都インプラントが、あなたの素晴らしい人生をサポートしてくれます!

おおくぼ歯科 採用サイト成長したい方、一緒に働きましょう!!京都 歯科衛生士 求人

おおくぼ歯科医院

ごう歯科クリニック

Osseointegration studyclub of Japan

SAT

SAT