医院紹介

医院名 おおくぼ歯科クリニック
院長 大久保 恵子
住所 〒606-0864
京都市左京区下鴨高木町39-3
電話番号 075-707-2055
診療時間
月~金9:00-12:30
14:30-19:00
9:00-12:30
休診日 日曜・祝日休み
保険 各種保険取り扱い

衛生管理・院内感染防止の取り組み

おおくぼ歯科クリニックでは、治療に使われる器具などは、すべて減菌処理を施しています。
また、専任の消毒・滅菌管理クリーンスタッフが、責任を持って管理を行い、皆様の安全のために、万全の院内感染予防対策を行っており、安心して治療を受けていただくことができます。

Efforts 1

手袋、コップ、エプロン等は、ディスポ製品(使い捨て)のものを使用しています

上記製品の使いまわしは行っておりません。かならず患者さんごとに廃棄して新しいものを使用しています。また、歯面のクリーニングにもディスポチップを使っています。PMTC (プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)と呼ばれる歯のクリーニングに使用するシリコンチップやラバーカップもディスポ化(使い捨て)し、歯周病菌などの院内感染防止に努力しています。

Efforts 2

個別滅菌パック

患者さまに使用する器具は、患者さまごとにすべて滅菌処理しています。また、医療器具も個別にパックして滅菌を行っています。
歯を削るタービンや5倍速マイクロモーターも患者さまごとに取り換えて滅菌処理をしております。

Efforts 3

オートクレープ滅菌

使い捨ての出来ない、患者さまのお口に直接触れるデンタルミラー、探針、スケーラー、バキュームチップ、トレーなどの医療器具は、オートクレーブと言われる特殊な機械を使用して滅菌処理を行っています。
オートクレーブ滅菌とは高圧蒸気滅菌とも呼ばれ、高温、高圧の蒸気によって滅菌します。
基本セットは治療使用後に薬液による消毒を行った後、洗浄され、滅菌バッグに入れてオートクレーブ滅菌を行います。滅菌バッグは治療直前に開封するのでそれまで滅菌状態が保たれます。
歯を削る刃物(バー)や、歯の根の治療をするときに、使用する器具(リーマー、ファイル)も、超音波洗浄し、目詰まりを取り除き、その後オートクレープで個別に滅菌しています。

Efforts 4

感染症対策

ウイルス感染症の患者さんの治療後には特殊な消毒薬で治療ブースをきれいにします。
もちろん使い捨ての製品を出来るだけ使うようにしているのは言うまでもありません。
治療中に触れるボタンやライトハンドルは感染防止用のバリアテープで覆います。
消毒液で拭くだけではなく治療前に滅菌テープをまいておき、治療後に交換するだけでも清潔は保たれます。

Efforts 5

口腔外バキューム 空気清浄機

唾液の飛散、汚物の飛散防止のため、口腔外バキュームや、空気中の細菌を滅菌する空気清浄機を設置しております。