子どもの指しゃぶりについて

 

赤ちゃんの指しゃぶりというのは、ごく普通の習慣です。

指しゃぶりには、赤ちゃんの頃に吸っていた、お母さんのおっぱいの代わりのような面があります。ですから指しゃぶりをすることで、赤ちゃんは不安を解消したり、心をリラックスさせたりしているのです。

1〜2歳頃までは生理的な現象ですので、無理にやめさずに見守りましょう。しかし、指しゃぶりを長く続けすぎると、癖になってやめられなくなってしまいます。そうすると、将来の口内環境を左右するくらい口腔内に悪影響を及ぼす恐れがあります。
歯の噛み合わせや歯並びに影響が出たり、成長発育期に食べ物を上手に噛めなくなったり、飲み込みにくくなったり、発音が舌足らずになったり、発音障害が出たり、口呼吸や口がポカーンと開く癖が出たりと、様々な影響が考えられます。
3〜4歳までには自然にやめていけば、咬合異常は自然に治りやすいとされています。しかし、逆に5歳以上になっても指しゃぶりをやめられないと、治療が必要なほど治りにくくなります。5歳を過ぎると、永久歯に生え変わるからです。
指しゃぶりは,永久前歯の生え変わりまで持ち越さない方が良いでしょう。

 

2018年3月10日 土曜日 | 9:54 PM - よくある質問, 予防歯科

一覧へ戻る

無料メール相談・カウンセリング | 歯の痛み、悩み、お子様の歯の矯正等、質問やご相談にお答えいたします。お気軽にお問合わせ下さい。

075-707-2055

無料メール相談 カウンセリング
診察時間のご案内
アクセス

衛生管理・院内感染防止の取り組み

最先端CT導入

患者様の声

モグモグくらぶ

GROUP SITE

審美・ホワイトニングサロンホワイトニング情報サイトです。

インプラントサロン京都インプラントが、あなたの素晴らしい人生をサポートしてくれます!

おおくぼ歯科 採用サイト成長したい方、一緒に働きましょう!!京都 歯科衛生士 求人

おおくぼ歯科医院

ごう歯科クリニック

Osseointegration studyclub of Japan

SAT

SAT