キシリトールはどうして一日に5~10gなの?

 

ミュータンス菌のバランスを変えるのに必要な量だからです。
キシリトールは「虫歯菌にならない甘味料」として知られています。
でも、ただ菌にいいというわけではありません。
ミュータンス菌には、虫歯をつくりやすい悪玉菌と、つくりにくい善玉菌がいます。
キシリトールを一日5~10g摂ると悪玉菌が弱って数が減少し、減ったスペースに善玉菌が増えるのです。
つまり、ミュータンス菌全体のバランスが変わるということです。
このおかげで、プラークがさらさらになって、歯磨きがラクになるんです。

 

2013年7月26日 金曜日 | 6:47 PM - よくある質問, 予防歯科

一覧へ戻る

無料メール相談・カウンセリング | 歯の痛み、悩み、お子様の歯の矯正等、質問やご相談にお答えいたします。お気軽にお問合わせ下さい。

075-707-2055

無料メール相談 カウンセリング
診察時間のご案内
アクセス

衛生管理・院内感染防止の取り組み

最先端CT導入

患者様の声

モグモグくらぶ

GROUP SITE

審美・ホワイトニングサロンホワイトニング情報サイトです。

インプラントサロン京都インプラントが、あなたの素晴らしい人生をサポートしてくれます!

おおくぼ歯科 採用サイト成長したい方、一緒に働きましょう!!京都 歯科衛生士 求人

おおくぼ歯科医院

ごう歯科クリニック

Osseointegration studyclub of Japan

SAT

SAT