フロスはどのくらいの年齢からしたほうがよいですか?

 

フロスは歯と歯の間の虫歯予防のためでけではなく、後々のフロッシングの習慣をつけるためにも乳歯列期から使用したほうがよいです。
乳歯の虫歯ができやすい上の前歯に隙間がない場合には虫歯のリスクが高くなります。
また、奥歯も歯と歯の間は歯ブラシだけでは清掃することが困難です。
お子様に対しては保護者の方がフロスを使用することになりますが、ブラッシングでさえ嫌がることも多いのでホルダーつきのフロスを使用し手早く行うといいです。
お子様が自分でフロッシングができるようになるのは永久歯が生えだしてくるころからです。
指に巻きつけて使用するフロスが難しいようであれば、ホルダーつきのデンタルフロスを使用します。
小学生のうちから歯ブラシの使用とともにフロスを使用することによってフロスを習慣づけることができます。
党医院にもいろんなタイプのフロスをご準備しておりますので、お気軽にスタッフにお声掛けしてくださいね。

 

2013年10月25日 金曜日 | 9:58 AM - よくある質問, 予防歯科

一覧へ戻る

無料メール相談・カウンセリング | 歯の痛み、悩み、お子様の歯の矯正等、質問やご相談にお答えいたします。お気軽にお問合わせ下さい。

075-707-2055

無料メール相談 カウンセリング
診察時間のご案内
アクセス

衛生管理・院内感染防止の取り組み

最先端CT導入

患者様の声

モグモグくらぶ

GROUP SITE

審美・ホワイトニングサロンホワイトニング情報サイトです。

インプラントサロン京都インプラントが、あなたの素晴らしい人生をサポートしてくれます!

おおくぼ歯科 採用サイト成長したい方、一緒に働きましょう!!京都 歯科衛生士 求人

おおくぼ歯科医院

ごう歯科クリニック

Osseointegration studyclub of Japan

SAT

SAT