歯科用レントゲンについて

 

レントゲンは放射線により見えないところを見えるようにする、歯科治療には欠かせない装置です。

みなさんは、日常生活を送っていながら被爆していることをご存知ですか?聞き慣れないかもしれませんが、放射線の測定にはSv(シーベルト)と言う単位を用います。ちなみに日常生活で自然に浴びる放射線が、日本の場合平均約1.5mSvと言われています。ブラジルのガラバリ市街地ではなんと10mSvの自然放射線が観測されるそうですが、ガラバリの住民が他の地域と比べて特別健康に問題があるというデータはありません。また、意外と知られていないようですが、東京からニューヨークまで飛行機で移動した場合、0.19mSvの放射線をあびることになります。
対して
歯科のレントゲンですが、小さいデンタルレントゲンで1回0.016~0.039mSv、口腔全体が写るパノラマでも約0.04mSvです。つまり、デンタル写真1枚は自然放射線の100分の1程度に過ぎません。レントゲン撮影によって得られる情報は多岐にわたっており、特に歯と歯の間の虫歯や、歯を支える骨の状態などはレントゲン無しでは見ることができません。肉眼で見ただけではわからない情報をたくさん得ることができるレントゲンは、思ったより安全でしかもとても役に立つものなのです。胎児に影響が出ると言われている被爆量は約100mSvと言われていますが、デンタル写真の被爆量はその数万分の1です。ですから、妊婦の方でも歯科のレントゲンはほぼ問題にならないと考えてよいようです。それでもどうしても心配だという方は5~7ヶ月の安定期に治療されるとよいでしょう。

 

2014年6月13日 金曜日 | 11:01 AM - よくある質問, 初診の方

一覧へ戻る

無料メール相談・カウンセリング | 歯の痛み、悩み、お子様の歯の矯正等、質問やご相談にお答えいたします。お気軽にお問合わせ下さい。

075-707-2055

無料メール相談 カウンセリング
診察時間のご案内
アクセス

衛生管理・院内感染防止の取り組み

最先端CT導入

患者様の声

モグモグくらぶ

GROUP SITE

審美・ホワイトニングサロンホワイトニング情報サイトです。

インプラントサロン京都インプラントが、あなたの素晴らしい人生をサポートしてくれます!

おおくぼ歯科 採用サイト成長したい方、一緒に働きましょう!!京都 歯科衛生士 求人

おおくぼ歯科医院

ごう歯科クリニック

Osseointegration studyclub of Japan

SAT

SAT