滅菌消毒について

京都市左京区 おおくぼ歯科クリニック 滅菌消毒について

おおくぼ歯科クリニックの滅菌消毒システム

世界基準の滅菌消毒システムの取り入れ

私たちはいつも、患者さん1人1人に心から安心して診療を受けていただきたいと考えています。その1つの取り組みとして、当院で最も力を入れている滅菌消毒システムについてご紹介します。

第2種滅菌技士が常駐

世界基準の滅菌消毒システム運用のためのオペレーター

おおくぼ歯科クリニックでは、この高度な滅菌消毒システムを第2種滅菌技士を常駐することで運用を可能にしています。

第2種滅菌技士第2種滅菌技士とは、日本医療機器学会が行っている試験に合格した者が認定を得ることが出来る資格です。滅菌供給に関する正しい知識を持ったスタッフが実践することで医療現場である当院での感染を防ぐ事と同時に医療の質の向上につながる重要な役割を担っております。

感染予防対策

使い捨てできる製品を採用、毎回新しいものを使用し院内感染防止

おおくぼ歯科クリニックでは、患者さんに使用する手袋やコップ、エプロン等は、すべてディスポーサブル(使い捨てできる)製品を使用しています。 当然ながら、上記製品の使いまわしは行っておりません。かならず患者さんごとに廃棄して新しいものを使用しています。歯面のクリーニングにもディスポーサブルチップを使い、歯周病菌などの院内感染防止に努力しています。

使い捨てできない医療器具は毎回滅菌処理

ピンセットやデンタルミラー、バキュームチップなどの使い捨てできない医療器具については、1回の診療ごとにすべて機械で熱水除菌洗浄した後、滅菌専用パックに入れ、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)と言われる特殊な機械を使用して滅菌処理しています。
歯を削るタービンや5倍速マイクロモーターなどのハンドピースはもちろん、歯の根の治療をするリーマーやファイルなどの細かな器具についても、患者さまごとに取り換えて洗浄し、同様にオートクレーブで滅菌処理をしておりますのでご安心ください。

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器) 小型高圧蒸気滅菌器小型高圧蒸気滅菌器

 

スタンダードプリコーション

歯科医院に来院される患者さんの中には、感染症の病気をお持ちの方もいらっしゃいます。歯科医院では唾液や血液などの体液の付着する診療がどうしても多いため、院内での感染予防対策を怠ると、スタッフだけでなく他の患者さんに感染する危険性があります。

世界基準の感染予防策に取り組み、院内の感染予防に努めます

おおくぼ歯科クリニックでは、1996年米国疾病予防センター(CDC)が公表した「スタンダードプリコーション(標準予防策)」と呼ばれる世界基準の感染予防対策に取り組んでいます。

スタンダードプリコーションとは、感染症の有無にかかわらず全ての患者さんを対象に、血液や粘膜、汗を除く唾液や排泄物などを感染の可能性のある物質としてみなし、対応する予防策のことです。感染症などの予防は病院では当たり前に思われるかもしれませんが、感染症の患者さん自身が自覚があるとは限らないため、このような予防策を標準化してスタッフ全員が徹底することで、院内の感染予防に努めることが大切なのです。

滅菌専用室とゾーニング

京都市左京区 おおくぼ歯科クリニックの滅菌専用室

滅菌専用室

高い基準の滅菌レベル

京都市左京区 おおくぼ歯科クリニックの滅菌専用室滅菌した器具が一般のものと混じらないように、器具の保管庫のある滅菌専用室を設けております。この部屋にはヨーロッパ基準のクラスB規格をクリアーするオートクレーブ「DACプロフェッショナル」と、ハンドピースを6本同時に洗浄、注油、滅菌ができ、クラスS基準を満たす「DACユニバーサル」を設置しており、高い基準の滅菌レベルの維持に努めています。
また、器具がせっかく正しい手順で洗浄され滅菌されていたとしても、再び清潔でないところで保管されていては意味がありません。そのため滅菌後の器具はこの滅菌室の専用保管庫内で診療の直前まで保管し、清潔な状態を保っています。
この滅菌室は、おおくぼ歯科クリニックの真ん中に位置し、文字通りガラス張りの部屋にすることにより、いつでも患者さんにご覧いただけるようにしております。

 

 

徹底したルールで運用

他にもおおくぼ歯科クリニックでは、洗浄・消毒・滅菌に至るまでの流れに関して、徹底したルールがあります。
使用した器具は種類ごとに分類し、機械で熱水消毒洗浄した後、高圧滅菌機で器具を滅菌します。基本的に全ての器具は必ずこの工程をたどります。さらに洗浄、消毒、滅菌の作業を行うスペースに関しては、清潔・不潔の徹底したゾーニング(区域分け)を行っており、滅菌済みの清潔な器具が、不潔・準清潔の区域に戻されることがないよう、一方向への作業をスタッフ全員が徹底しています。

 

京都市左京区 おおくぼ歯科クリニックの滅菌

滅菌消毒機器のご紹介

滅菌処理が行えるオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

シロナ DACプロフェッショナルヨーロッパ基準クラスB規格をクリアする滅菌処理が行えるオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)。残留空気を排出し真空状態となったチャンバー内に飽和蒸気を充満させることで、通常のオートクレーブでは困難な中空製品や繊維製品も確実に滅菌します。

ヨーロッパ基準のクラスSをクリアする小型高圧蒸気滅菌器

シロナ DACユニバーサル2小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準のクラスSをクリアする滅菌処理が行えます。飽和蒸気をハンドピースの内部に通気させることで、外側だけでなく内部回路まで洗浄でき、さらに注油、滅菌までを6本同時に完了することができます。

歯科医療機器専用ジェット洗浄機

ミーレ ジェットウォッシャー徹底した感染予防には、主な感染源である器具についた血液や唾液のタンパク質汚れをしっかり落とすことが必要です。手洗いでは洗浄が難しい複雑な構造の器具の汚れも高圧水流で隅々まで落とし、熱水での消毒洗浄を行います。