京都市左京区おおくぼ歯科クリニック院長の大久保恵子です

今、当院の課題は時間管理です(今に始まったことではありませんが)

誰にでも平等に限りある24時間。
この時間の積み重ねが一生を作ります。

てな事ばかり考えていた30代でした。
24時間の中にどれだけ詰め込めるか。そればかり考えていた気がします。

何冊本を読めるか。
どれだけセミナー、学会に参加できるか。
休暇という名の「休まない旅行」
お風呂の中でも読書、時には英会話のリスニング。
どれだけ学べるか、成長できるか。

充実は、していました。
余裕は無かったな〜。
必要とさえして無かったというのが、正確なところです。

ボーッとしているのは無駄な時間。
おしゃべりしているのは無駄な時間。
料理を作るのも無駄な時間。
家事はもちろん無駄な時間。

なぜあんなに乾いていたのでしょうか。

40代も半ばをすぎ(!)、最近は(やっと)時間に対する考えが変わってきました。
猫を飼って、猫にご飯を作り、ウンチを取り、お世話をする贅沢な時間。
キッシュを1日かけて、生地からお義母さんと色々な事を話しながら作ったり。
瞑想という、何も考えず、ただ無になる超贅沢な時間。
休みの日に予定を入れず、ダラダラ過ごしてもいいんだよ、という自分への許し。

答えはいつも自分の中にあるのに、なぜあんなにも外に求めていたのでしょうか?

当院のスタッフは、まだまだ忙しい年代です。
新婚だったり、子育て中だったり。
独身でも、色々と外に目を向ける年代。

仕事の時間管理が、おおくぼ歯科クリニックで働く皆んなの贅沢な時間を作れるといいな。