こんにちは 院長の大久保恵子です。

1月21日、22日の土日、北九州の小倉市で咬合(噛み合わせ)のセミナーを受講してきました。
このセミナーは月に1度(土日)受講する7ヶ月のコースです。
今までは女医禁制、男性歯科医師のみが参加できたセミナーでしたが、今回は逆に女性歯科医師だけ、17名で勉強をしております。
顎関節症のことをより深く学ぶ事ができる素晴しいセミナーです。

顎の関節は、身体の中で唯一左右の関節が繋がって連動して動く特殊な関節です。
さらに、動きの終末に「歯」による「噛み合わせ」があるという、大変複雑な構造で、噛み合わせのズレという顔面頭蓋で起きる問題が、顎関節のある神経頭蓋に発症するので、「頭痛」や「目眩」など一見顎関節症とは関係のなさそうな症状が発症する事もわかって来ています。
今までも顎関節に関するセミナーをいろいろと受講してきましたが、今回の7ヶ月間で、その知識と治療の確立がより深まればと考えております。