昨日、WDC女性歯科医師の会・定例会へ歯科医師の永原、浅井が出席しました。今回は、大阪で御開業されています平山富興先生(JIADSペリオコース 常任講師)、大阪で技工所を御開業されていますテクニシャンの戸島大輔さんをお招きし、『咬合再構成における勘所、テクニシャンとの連携』というテーマで勉強してきました。

歯科医院では、歯科医師と衛生士、そしてアシスタントがメインですが、医院でとった型をもとに被せ物や詰め物を作成する技工士(テクニシャン・セラミスト)という職業の方の仕事が欠かせません。多数の歯を悪くし、噛み合わせのバランスを失った口腔内を再構成するのは、とても難易度の高い治療になります。一歩間違うとさらに噛みにくい、ストレスのかかる口腔内を作りかねません。この治療を成功させるためには、口腔内での精密な作業はもちろん、歯科医師とテクニシャンが共通の知識のもと進めていくことが成功の大きな鍵を握ります。

今回はテクニシャンの受講者もおり、様々な角度から討論となり有意義なディスカッションとなりました。