院長の大久保恵子です。
現代人は顎がどんどん小さくなって、噛み合わせに問題のある方が増えてきました。
矯正治療は、昔は歯並びを整える事が目的の治療で、見た目を重視した治療と思われていました。
現在は歯並びが原因で歯周病が悪化したり、顎の関節がガクガク、カックンとなったりしているのを改善するために必要になる場合も多いです。
つまり、「歯並び」治療だけでなく、「噛み合わせ」治療も同時に行える矯正治療が必要なわけです。
現在私(大久保)は、この「噛み合わせ」「咬合」をテーマに学ぶ事が増えています。
今回は、矯正からの視点で、自分の天然の歯で噛み合わせを改善する治療法について勉強してきました。
私たちは、虫歯ゼロ、歯周病ゼロで、噛み合わせから健康になれる歯科医療を目指しています。