院長、永原、懸樋、浅井、WDC関西支部定例会へ参加してきました。

午前は、英語文献の抄読。テーマは歯周病の再生療法における手法に関しての比較実験についてです。
再生療法とは、歯周病で溶けてしまった顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる治療です。その治療法に使う材料を比較した実験結果の文献でした。
日々、進化する材料にアンテナを張っていかないといけないと思いました。

お昼からは、福岡よりWDC会長の林美穂先生をお招きし、ご講演いただきました。
内容は、美穂先生の歩みから、女性歯科医師が担う役割と可能性について。
講義も症例も女性らしい繊細さと男気溢れる一面も兼ね合わせた林美穂先生の魅力に引き込まれました。