院長、浅井は、福岡で開催されましたWDC西日本支部特別講演会へ参加してまいりました。

東京でご開業の大河雅之先生を講師としてお招きし、Minimarry Invasive Ethetic Rehabilitation(低侵襲での審美修復治療)というトピックでお話しいただきました。

近年の目覚ましい「接着」や「セラミック技術」の進歩により可能になった、審美性と永続性を兼ね備えた、できるだけ低侵襲な治療。

バイオミメティック、つまり歯の構造や力学的、生物学的機能、をとことん観察、分析し、そこから得た、エビデンスのある、セラミック治療は、説得力があり美しく、素晴らしいテクニックに感動しました。

年々変遷する情報にアンテナを張り、美的感覚を養うことも、歯科医師にとって大切と感じました。

最後に頂いた、診断努力の差によりゴールは何通りもある。私たちは診査診断に最大の力を注ぐことを忘れてはいけない。どんな最先端治療でもここは変わらないと感銘をうけました。