モグモグ通信2018年春号を発行いたしました。
小児の予防クラブ「もぐもぐクラブ」からのお知らせや予防のお話を定期的に発信しております。今後もぜひお楽しみにお待ちください!


グモグ通信2018年春号

みなさん、入園・入学・進級おめでとう!!!
春は新しい生活が始まる季節ですね。
ドキドキわくわくするけど、毎日楽しく過ごせたらいいですね!


虫歯にならないハタチを目指して

おおくぼ歯科クリニックのメインテナンスは「ハタチで虫歯0(ゼロ)」を目指しています。
ですが、ただ0歳から20歳まで同じ対策をしているわけではなく、それぞれの成長時期における、お口や生活習慣の変化に応じて対策をしています。大きく6つの年代に分け、歯科医師と歯科衛生士がタッグを組み患者様に寄り添って診療を進めています。


◆0
歳〜31ヶ月 乳歯萌出期

目標:ミュータンス菌(虫歯菌)の感染を最小限におさえること

◆31ヶ月〜6歳 乳歯列完成期

目標:乳歯に新たな虫歯を発生させないこと

この時期のPOINT!「まずはご両親のケアから!」
ミュータンス菌は一緒に暮らすご両親から感染するのがほとんどです。
生後19ヶ月〜31ヶ月の「菌が定着する時期」までにできる限りご両親のミュータンス菌を減らしておきましょう。


6歳〜9歳 混合歯列(前期)

目標:第一大臼歯(奥歯で最初に出てくる永久歯)を守ること

◆9歳〜12歳 混合歯列(後期)

目標:1人での歯磨きなど適切に自己管理できるようになること

この時期のPOINT!「生えたての永久歯は弱い?」
出てきた直後の永久歯はとても弱く、虫歯になりやすいのです。
生えてから2、3年で少しずつ強くなってくるので、それまで一所懸命守ってあげてください。

 

12歳〜15歳 永久歯列完成期(前期)

目標:自己管理の継続、および歯肉炎のコントロール

15歳〜20歳 永久歯列完成期(後期)

目標:食生活の乱れを防ぎ、良い環境を維持していく

この時期のPOINT!「ひとり立ちをするお子さんへ」
思春期を迎えて友人との外食も増え、様々な変化が出てくる時期です。
途中忙しくてメンテナンスが途切れることもあるかもしれませんが、それでもご両親が根気強く歯の大切さを伝えてあげてください。いろいろなことに興味を持つこの時期を乗り越えることができれば、健康で強いハタチはもうすぐそこです!