口腔がんについて

その他

ガンというワードを聞くと、身体のガンを思い浮かべる人のほうが多いと思いますが、実はお口の中にもガンはできます。そして身体の中と違ってお口の中というのは実際に目で見えるにも関わらず、見落としていたり、自覚症状がなく放置して知らない間に進行していたというケースも少なからずあります。

口腔がんとは、お口の中にできるガンを総称して口腔がんといいます。口腔ガンができる場所によって名前が変わり、よくできるのは舌(舌ガン)、歯茎(歯肉ガン。特に下の歯肉)、口底(口底ガン)などです。口腔がんは全体のガンの中で1‐3%程度しか占めていません。そしてほかのガンとは違い直接見ることができます。しかしあまり知られていないのか発見が遅くなってしまう傾向があります。年齢は50歳以上が8割以上を占め、男性と女性の比率を考えると男性の方が多いです。
口腔がんの1番の症状は痛みとなります。しかし初期の段階では自覚症状が少ないことが多いです。痛みが出た時にはすでに進行が始まってる場合が多いために注意が必要になります。

また、口腔がんの原因についてですが、飲酒か喫煙などの化学物質による刺激や、歯並びが悪いために歯が常に舌にあたる、合ってない入れ歯や虫歯といった機械的な刺激などが、がんを誘発すると考えられていますが、実際には明らかになっていないのが現状です。

日ごろから気をつけることは、

1.たばこ、お酒を控える
2.偏食をせずバランスの良い食生活を心がける
3.歯磨きやうがいを習慣化して口の中を清潔に保つ
4.合わない入れ歯、破れたかぶせ物、治療していないムシ歯があれば放置せず、歯科医師の治療を受ける
進行したムシ歯をそのままにしていたり、合わない入れ歯を無理して使っていて舌や頬を傷つけていたり、口の中が歯垢や歯石で汚れていたりすると口腔がんが発生しやすくなります。つまり口腔がんの予防で大切なことは、かかりつけの歯科医を持って、定期的な診療を受けることです。
ムシ歯の適切な治療、定期的な入れ歯の調整、ムシ歯や歯周病を予防するための定期メンテナンスなどを受けることでお口の中は清潔に保たれ、口腔がんのリスクを下げることにつながるのです。それと同時にがんを寄せつけない生活習慣(タバコを吸わない、お酒を控える、ストレスをためない、バランスのよい食生活、適度なスポーツなど)を心がけましょう。