ワイヤー矯正は歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。
一般的に「矯正」と言う場合は、この方法です。
ワイヤー矯正は歯にブラケットを付けなければならないので見た目があまり良くありませんが、ブラケットには従来の金属のもの以外にも、透明のプラスチックやセラミックで出来たものもあります。
金属を透明のプラスチックや白いセラミックにすることで、かなり目立ちにくくなります。