酸蝕症とは、酸によって歯が溶かされてしまうもので、酸蝕症によって溶かされた歯のことを、酸蝕歯と言います。
虫歯も細菌の出す酸によって歯が溶かされる病気ですが、こちらは原因が「酸」というよりも「細菌」なので、酸蝕症とは区別されています。
酸蝕症(酸蝕歯)の原因
・過食嘔吐や無理なダイエットなどによる、胃酸の逆流。
 (一度や二度のことでは全く問題ありませんが、習慣的に繰り返すと酸蝕症になることがあります)
・酸性食品の摂取。
 (黒酢、レモン・オレンジなど柑橘系の果物、ドレッシング、赤ワインなど)
 (上記のような食品を常に摂取する機会のある人は、酸蝕症のリスクが高くなります)
・職業的原因
 (酸使用現場で働いている人、水泳選手(塩素が原因)など)
・歯軋り・過度のブラッシングなど
 (直接の原因ではありませんが、酸蝕症を進行させる要因となることがあります)

他にも酸蝕症(酸蝕歯)の原因はいろいろと考えられますが、いずれにしてもいきなり酸蝕症(酸蝕歯)になるわけではなく、日常的に歯が酸に晒され、それが再石灰化のスピードを上回った場合に少しずつ歯が溶かされ、酸蝕症(酸蝕歯)が発生します。

酸蝕症(酸蝕歯)の治療法・予防法酸蝕症(酸蝕歯)の治療法・予防法としては、嘔吐をよくする人は嘔吐を控える、酸性食品を過度に摂取している人は少し摂取を控えるなど、まずは原因となっている酸を無くす、または減らすことが
できないかどうかを考えます。
また、虫歯の予防法に準じて、食事時間の工夫やフッ素の利用なども有効です。
酸蝕歯に対しては通常の虫歯治療と同様に詰め物やクラウン(被せ物)をすることも可能ですが、やはりまずは酸蝕症(酸蝕歯)の原因を究明し、解決することが最重要です。