歯周病で歯が動いたためかもしれません。こういうときも、矯正治療が役に立ちます。

歯周病になると、歯が緩んで動きやすくなります。そこへ噛む力が加わっていると、歯が少しずつ倒れ、隙間も目立つようになります。奥歯を失い前歯に力がかかりやすい方では特にこうしたことが起きやすいのです。

中高年の方によく見受けられます。

この状態が進むと、ついには噛み合わせが変わり、しっかり噛んで食べられないというつらい悩みをかかえるようになってしまいます。

そういう患者様のお役に立つのが矯正治療です。先ずは歯周病の治療を受けて頂き、歯周病の治療が終わったところで矯正治療を開始します。

歯周病の治療+矯正治療で綺麗な口元を取り戻すことができます。