本来の舌の定位置とは、まず、くちびるを軽く閉じリラックスします。

このとき舌全体が上あごの天井にピタッと付き、舌の先は上の前歯に触れないか、あるいは触れたとしても前歯の根元に軽く触れるくらいが舌本来の定位置です。

このとき舌の先はスポットと呼ばれる上顎の膨らみを触っています。(スポットポジションといいます)

舌の動きは成長期の子供たちの歯や、顎、筋肉の発育に大きく影響します。

普段は気にも留めない舌の動きですが、これを機会に、お子さまの舌が十分は筋力をもっているか、きちんと動かせているかどうか確認してみましょう。