厚生労働省の平成23年の実態調査によると、歯を毎日磨いている人の割合はおよそ95%です。
それなのに、むし歯や歯周病の発症率は相変わらず高いとのことです。その理由は何でしょう?

むし歯や歯周病の原因は歯垢です。つまり、歯垢が残っているほど、むし歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。
隅々まで丁寧にブラッシングし、ご自身ではきちんと磨けているように見えたとしても、歯ブラシの毛先が届きづらい歯と歯の間に溜まった歯垢までは、残念ながら完全に落とせていません。

歯ブラシだけで口の中の汚れをすべて取り除くのは難しいんです。

実は、歯ブラシでは、六割しか磨けていないと言われています。
ぜひ、デンタルフロス・歯間ブラシなどの歯間清掃用具も使いましょう。
歯垢の除去は、歯ブラシでは約60%しか出来ませんが、歯間清掃用具を併用すれば約90%まで出来るそうです。

歯の隙間が狭いところのお掃除には、デンタルフロスが向いています。
適当な長さのフロスを切り指に巻きつけて使用するロールタイプの他、持ち手にフロスがセットされているホルダータイプもあります。
ホルダータイプは、子供でも扱いやすく、また、大人が奥歯にも使いやすいです。
歯の隙間が広いところのお掃除には、歯間ブラシが向いています。
ブラシのサイズの種類が多いので、サイズ選びがポイントです。
歯と歯の間に抵抗なく入る大きさがお勧めです。(初めての時は小さめのサイズから試してみましょう。)

歯ブラシにプラスして、一日一回は歯間清掃用具も使い、いつも歯をキレイにしていたいものですね。