妊娠すると、女性の口内の環境は大きく変わります。ホルモンの変化で歯周病菌が増える、だ液の量が減って口の中が乾きやすくなる、免疫力が落ちるなど、むし歯や歯の病気が起こりやすくなるのです。妊婦さんの歯のトラブルは、赤ちゃんの歯にも影響します。赤ちゃんのためにも、妊娠したらなるべく早く、むし歯予防のためのケアを始めましょう。キシリトールのガムをかむなど、簡単なことばかりなので、だれにでもすぐ始められます。そして、安定期に入ったら、ぜひ一度、歯医者さんで健診を受けることをおすすめします!