ミュータンス菌のバランスを変えるのに必要な量だからです。
キシリトールは「虫歯菌にならない甘味料」として知られています。
でも、ただ菌にいいというわけではありません。
ミュータンス菌には、虫歯をつくりやすい悪玉菌と、つくりにくい善玉菌がいます。
キシリトールを一日5~10g摂ると悪玉菌が弱って数が減少し、減ったスペースに善玉菌が増えるのです。
つまり、ミュータンス菌全体のバランスが変わるということです。
このおかげで、プラークがさらさらになって、歯磨きがラクになるんです。