フロスは歯と歯の間の虫歯予防のためでけではなく、後々のフロッシングの習慣をつけるためにも乳歯列期から使用したほうがよいです。
乳歯の虫歯ができやすい上の前歯に隙間がない場合には虫歯のリスクが高くなります。
また、奥歯も歯と歯の間は歯ブラシだけでは清掃することが困難です。
お子様に対しては保護者の方がフロスを使用することになりますが、ブラッシングでさえ嫌がることも多いのでホルダーつきのフロスを使用し手早く行うといいです。
お子様が自分でフロッシングができるようになるのは永久歯が生えだしてくるころからです。
指に巻きつけて使用するフロスが難しいようであれば、ホルダーつきのデンタルフロスを使用します。
小学生のうちから歯ブラシの使用とともにフロスを使用することによってフロスを習慣づけることができます。
党医院にもいろんなタイプのフロスをご準備しておりますので、お気軽にスタッフにお声掛けしてくださいね。