当です。生まれたばかりの赤ちゃんは、虫歯の原因菌が「0」の状態です。身近にいる人(母親や父親)が食べ物を口移しで与えたり、同じ箸で食事をすることによって、うつってしまうのです。生後6ヶ月から3歳くらいまでが一番うつりやすく、一度感染すると、一生その種類の虫歯菌を持たなくてはなりません。子どもが虫歯にならないように、小さなお子様の身近にいる人(母親や父親)は、ご自身の口の中のチェックも怠らないように心がけましょう。