大阪にて、SRPセミナーに参加致しました。
毎月1回、計5回のこのセミナーは、昨年前川衛生士が受講されたものと同じものです。

歯を支える土台である骨、その骨を脅かす歯周病。
歯周病は今や命にも関わる病気であることが分かってきています。
歯ブラシではなかなか触ることのできない歯茎の中、歯の根っこにくっついた歯周病菌を取り去ることをSRP(スケーリング・ルート・プレーニング)と言います。
今回のセミナーではそのSRPの技術だけでなく、どうやって頑固な歯周病菌たちにアプローチするか、また一番の基礎である姿勢やポジショニングについて学びました。

今回のセミナーでは知識だけでなく自分の弱みを見つめることができました。
この学びを日々の診療に生かしていこうと思います。