矯正治療

京都市左京区 おおくぼ歯科クリニックの矯正歯科

おおくぼ歯科クリニックの矯正治療

矯正治療とは

歯並びを整える治療を「歯列矯正」といいます。正常でない歯並びや噛み合わせをきちんと噛み合うようにし、綺麗な歯並びにする治療です。
 
 

歯並びを整える本当の意味は

歯並びは見た目はもちろんですが、実は虫歯・歯周病のリスクにも大きく関係しています。歯並びが凸凹していては、キレイに歯磨きすることが難しくなり、汚れをきちんと落とせないために歯に色が着いたり口臭がしたり、虫歯や歯周病にも当然なりやすくなってしまうのです。つまり歯並びを整え、歯磨きしやすい環境にすることは、虫歯・歯周病を予防する上で大変重要だということです。
 
 

矯正もワールドスタンダードです

予防歯科という考えを治療の中心としているおおくぼ歯科クリニックでは、当然矯正治療にも力を入れています。
 

海外と日本の治療費負担の違い

世界の国の中には、虫歯の治療費は高額でも歯列矯正は国の負担というところもあります。また欧米では「子供の歯並びを整えることは親の義務」という程に歯列矯正が普及しています。これに対し、日本ではほとんどの場合、歯列矯正は保険の適応外となっています。歯列矯正に年齢は関係ありませんが、成人の患者さんの場合全ての歯を動かす必要があるので、保険が効かない歯列矯正は治療費が高額になってしまいます。では、もしも歯列不正が程度の軽いうちに対処したとしたらどうでしょう?
 
 

様子を見ていて大丈夫ですか?

「もう少し様子を見ましょう」
意外と歯科医師がよく口にする言葉ですが
 

  • 本当に様子を見ていてよいのでしょうか?
  • 上下が反対に噛み合っている歯は、様子を見ていれば正常な噛み合わせになるのでしょうか?
  • 乳歯より大きな永久歯が、乳歯が抜けたすき間に正常に生えてこれるのでしょうか?

 
おおくぼ歯科クリニックでは、今ある小さな歯列不正に早めに対処し将来の大きな問題を避けることで、治療費を最小限に抑えることができると考えています。
 
 

ワイヤー(針金)がイヤ?

治療途中の見た目も大切

矯正治療といえば、まず、笑ったときに見える銀色のワイヤーを思い浮かべると思います。皆さんの中には、歯並びは気になるけど「そのワイヤーが嫌!」と思っている方も多いことと思いますが、今は見た目にも配慮した様々な治療方法があります。
 

ワイヤーや取り外し可能なマウスピースも

おおくぼ歯科クリニックでは、目立ちにくいワイヤーや、取り外しできるマウスピース装置などを使用した矯正治療も行っております。「マウスピース矯正」という治療はあまりなじみがないかと思いますが、見た目が目立ちにくいというだけでなく、装置の取り外しを患者さん自身ですることができる方法です。
 
 
 

ワイヤー矯正

目立ちにくい白いタイプも

京都市左京区 おおくぼ歯科クリニックの矯正治療矯正する歯1本1本に直接「ブラケット」と呼ばれる小さな装置を貼り付けて、そこにワイヤーを通します。そのワイヤーを少しずつ引っ張って歯を動かす方法です。ブラケットには金属のものだけでなく、目立ちにくい白いものもあります。基本的には、永久歯を対象としています。
 
1本1本ずつの歯の移動を歯科医師の調整によって細かくコントロールできるため、効果が確実ですし、複雑な歯並びにも対応することができます。
 

デメリットもあります

ただし矯正装置が常に歯についているため、痛みや不快感はどうしても出やすく、食べ物が挟まりやすいなどのデメリットがあります。また、装置が歯に接している場所はセルフケアが非常に難しく、矯正期間中は虫歯や歯周病のリスクが高くなるため、定期的な歯科医院でのクリーニングは特に欠かせません。
 
 

小児の矯正

成長期はあごの骨も整えます

京都市左京区 おおくぼ歯科クリニック 子供の矯正子どもは歯だけでなく身体も成長段階ですので、大人に比べて上下のあごの骨のバランスを整えやすい時期です。 顎の幅を広げたり、顎を正常な位置に矯正し歯並びを整えるケースもあります。このように適切なタイミングで矯正治療を開始することで、歯が生えるスペースが確保でき、むやみに歯を抜くことなく歯並びを整えることができるという利点があります。
 

矯正治療意外にも生活習慣も確認

また、そのままではあごの骨や身体の発達そのものに影響を及ぼすような場合、できるだけ早期に矯正治療を始めたほうが良いことがあります。さらに不正な歯並びは、普段の何気ない癖や食習慣なども影響しています。そのため当院では、治療のご相談の前にお口の検査だけでなく、生活習慣や食習慣、普段の癖についてもしっかりとうかがっています。例えば、食事の時に唇を閉じてしっかり噛んでいるか、鼻がつまりやすいか、寝る時にいびきをかいているかなども細かく問診します。その上で原因となるものがないか、歯並びが治った後もきちんと維持するためにはどこを改善する必要があるかということを踏まえ、指導しています。

 
 

マウスピース矯正

主に使用する2種のマウスピース矯正

今、当院で行っているマウスピース矯正は「インビザライン」「アソアライナー」という二種類を使っております。患者様の歯牙移動に合わせた選択をさせていただきます。
インビザライン・アソアライナー共に治療期間中の審美生にすぐれたワイヤーを使わない矯正です。
 
 

ブラケットも針金も使用しない透明マウスピース

  • 京都市左京区 おおくぼ歯科クリニックのマウスピース矯正矯正はしたいけど装置が見えるのがイヤ
  • 今からしても何年もかかるのは困る
  • 矯正って痛いんでしょう?

 
そんなふうに感じている方、とても多いですよね。
 

  • 前歯の歯並びは気になるし、歯磨きもしにくいけど、矯正まではちょっと大げさ

 
そんな声をよくお聞きします。
 
そんなあなたの悩みを解決するプチ矯正が「マウスピース矯正」です。ブラケットも針金も使用しません。透明のマウスピースをつけていただくだけですので、見た目にはほとんどわかりません。しかも取り外し式ですので、大事なご用事の際は外しておくこともできるのです。
「そんな都合のいい話があるの?」あるのです。現在アメリカでも非常に人気の方法です(もちろん本格的な歯列矯正とは違いますので、噛みあわせを変えなければいけない矯正や、抜歯が必要な矯正には適していません)。仕上げにはマウスピースを使ったホワイトニングをすれば笑顔は完璧です。

矯正7つのメリット

  • 「目立たない」
  • 「取り外して食事ができる」
  • 「虫歯になりにくく衛生的」
  • 「ホワイトニングが同時にできる」
  • 「発音しやすく違和感が少ない」
  • 「症例によっては治療費がリーズナブル」
  • 「通院期間中の負担を軽減できる」

マウスピース矯正では、従来の矯正歯科治療で患者さんがデメリットだと感じていた部分をできるだけ改善し、患者さんにとってストレスが少ない治療を目指しています。
 
 
 

矯正と並行してホワイトニングをすることがお勧めです

例えば、矯正歯科治療をしながら同時にホワイトニングもできるという方法をご紹介します。矯正歯科治療が終了し、矯正装置を取ったときに歯列がきれいに揃い、しかも1本1本の歯が白く輝いていれば、その美しさは完璧なものとなります。歯の色が黄色かったり、グレーだったりしては歯列は美しくても印象が冴えません。そうならないためにも、矯正と平行してホワイトニングをしておくことをお勧めします。
治療でクリニックに通いながらホワイトニングもできれば、矯正歯科治療終了後に改めてホワイトニングに通う必要もありません。
 

 

矯正治療の料金について

種類 金額
ワイヤー矯正 990,0001,100,000
小児の矯正 660,000円
マウスピース矯正
  • 440,000円(片顎)※1
  • 660,000円(上下顎)※1
  • 1,100,000円(中度)
  • 1,320,000円(重度)
CT・セファログラム撮影 33,000

※1:軽度の症例

矯正治療の事前検査・診断の他、治療の経過を確認するために、歯科用デジタルX線CTやセファログラム(頭部X線規格写真)を撮影させていただく場合があります。