こんにちは。
衛生士の藤井です。

紅葉の美しい時期は、あっという間に過ぎてしまいましたね。
この、短くも四季の移り変わりを感じられる今の季節が大好きです。

気温も一気に冷え込んできましたね。
クリニックでも、体調不良でアポイントを変更される方がチラホラも増えてきました。
みなさま、ご自愛くださいませ。

かく言う私も、今年はよく風邪をひきます。
鼻水ぐじゅぐじゅ、
クシャミが止まらない。

治ったと思ったら、また同じ症状(;ω;)

私の取り柄の1つが健康だったのに…
今年はどうしてしまったのでしょうか…

原因不明の体調不良に、気を落としていたところ、
かかりつけ内科でアレルギー検査を勧められました。

すると、
なんと、なんと、
出ました!!

イネ科の花粉症 ((((;゚Д゚)))))))

コンクリートジャングル大阪から、
自然豊かな京都は左京区に越してきて早3年。
私の身体は着々とイネ科花粉を蓄積していたようです。

しかし、原因が分かって一安心。
処方された、服用薬、目薬、点鼻薬、吸入薬…
薬漬け(笑)ではありますが、症状は治まってきました(^^)

このアレルギー検査には、もう一つオマケがありました。
採血で検査を行ったのですが、一般的な血液成分?の検査もしてくれていました。

先生はその結果について、
主要な項目を1つ1つ説明してくれました。

そこで
「鉄分は足りてないけど年齢的に問題ない。
だけどカルシウムが足りてないのは問題。
閉経後、骨粗鬆症になるリスクがあるから、サプリメントじゃなくて小松菜とか小魚とかからカルシウム摂って。」
と教えてもらいました、

血液検査で、
そこまで教えてもらったの初めて!!

そこから、藤井家の食卓には、小松菜、小魚の登場回数が劇的に増えました。

そうか…

唾液検査とか、精密なレントゲンを撮って、
説明される患者さんの気持ちってこんな感じなんだ。

自分自身の生活の変化から、
当院に通われる患者さんの気持ちが、
今までより一歩踏み込んで理解できたような気がしました。

私も関わらせて頂いた患者さんにとって、
少しでも豊かな生活が送れる一助となるような衛生士になれたら良いなぁ〜…
と感じた出来事でした(´ω`)