院長の大久保恵子です

当院では滅菌消毒に力を入れています。
スタンダードプリコーションという言葉をご存知ですか?
日本語では「標準予防策」と言われるもので、感染症の有無にかかわらず全ての患者を対象に、血液、傷のある皮膚、粘膜、全ての体液、喀痰、排泄物、膿などのものを感染の可能性のある物質としてみなし、対応する予防策のことです。
※スタンダードプリコーションを実践することで、未知の病原体からも暴露を防ぐことができます。

スタンダードプリコーションを実践するためには、使用した器具の洗浄を適切にするところからスタートします。
当院では、消毒室と滅菌室をわけ、1wayにすることにより、感染物が滅菌されたものと混合しないように配置しております。

<消毒>
使用した器具は高温洗浄機または、薬液を用いて、細菌の感染力をなくし「消毒」します。

<滅菌>
その後、全ての細菌をヨーロッパ基準EN13060クラスB滅菌器にて「滅菌」し、清潔な保管庫で管理しております。
歯を削るタービン類ももちろん全てが滅菌対象です。

この滅菌室は、おおくぼ歯科クリニックの真ん中に位置し、文字通りガラス張りの部屋にすることにより、いつでも患者さんにご覧いただけるようにしております。