京都市左京区のおおくぼ歯科クリニック院長の大久保恵子です

毎週水曜日はクリニック1階のトイレ掃除を担当しています。
水曜日は遅番の片付けチームの人数が少ないので、私や懸樋先生もお手伝いしながらスムーズに皆が終礼できるように力を合わせています。

実は私、トイレ掃除が大好きなのです。
そもそもが汚いのがトイレ。
それがピカピカになる気持ち良さ。

①トイレシートで、トイレの水洗の上部と横を拭く
②トイレの蓋を拭く
③トイレの便座を拭く
④便座を上げて、便座の裏を拭く。ウォシュレットのまわりや細かい所を拭く
⑤中を洗剤で洗う
⑥ヘリをトイレシートでしっかり掴んで裏側まで一周する
⑦足下を拭く

ここまでがトイレ。
続いて手洗い。

①鏡を拭く
②手洗いの中の水垢を歯ブラシでこする
③水洗ボールの中を魔法の消しゴムスポンジで拭く
④ハンドソープの容器を拭く
④水洗台を水滴が一滴も残らないように拭き上げる
⑤ゴミを捨てる

細かいですか?
これを読んだスタッフが顔を曇らせそうですが・・・

このトイレ掃除の方法、私が大学生の時、1週間旅館に泊まり込みのアルバイトをした事があったのですが、そのときに教えていただいた方法なのです。「おかみ」自らご指導して下さいました。
手洗いに一滴でも水滴が残っていると、「◯階のトイレ掃除した人、ちょっと来て!!」と呼び出しの放送が入るのです。
あの時は若さゆえ、多少ふてくされながら聞いていた私でしたが、今ではその価値を実感しています。

そして、嫌な事があったとき、心がモヤモヤしているとき、なぜかトイレ掃除をすると気持ちが落ち着きます。
日本人の心を取り戻すような、穏やかな静けさが広がります。
だからでしょうか?トイレ掃除が大好きです。

木曜日の朝にご来院の方、是非トイレに入ってみて下さい。
そこを掃除したのはわたしで〜す!