院長の大久保恵子です。

この連休はインプラントの学会に参加して来ました。
今回は、「過去の症例を振り返る」というテーマで、10年前に同学会で発表された症例の経過報告がありました。
インプラントを長期的に良い状態で安定させるための条件として、患者さんの状況の面から、術者ができることからの両方から考察が行われました。
その中で、やはり欠かせない条件としては「メインテナンス」でした。
どんなに患者さんの条件が良く(健康で、十分な骨があるなど)治療を行っても、その後のメインテナンスが欠如したばかりに感染を起こすことがあります。
逆に、患者さんの条件として、歯周病がひどかったり、骨が十分でなかったりしても、細やかなケアとメメインテナンスの元に管理されているケースは10年以上の経過を経ても変わらずに機能しています。
私も良く感じることです。
また、今回の学会では新しいインプラントが発表されたりと、新しいトピックもたくさんあり、とても興味深く、新鮮でした。
久しぶりにお会いする先生方とも情報交換し、有意義な連休を過ごすことができました。