4月14日、大阪の株式会社ヨシダにて行われたWDC女性歯科医師の会 関西支部会に 院長、増井、福原が参加しました。今回は山口県周南市ご開業の水野聡先生を講師にお招きして、 “噛み合わせと全身の健康”と題して1日講演していただきました。
ご存知の通り、口の中の感覚はとても繊細で、私たちは髪の毛一本でも非常に違和感を感じます。噛み合わせに関しても、筋肉、顎関節、靭帯とが連動して、口を開け閉めしています。普段何気なく行なっている口の開閉運動ですが、そのメカニズムを分かりやすく、理論的に水野先生からご講義頂きました。
噛み合わせが少し異常をきたしただけで、それを補正しようと全身のバランスが変化し、肩こりや腰痛、背骨の彎曲、足の長さの左右差などに繋がっていく可能性がある事や、逆に、たとえば片足を怪我したためにそれを補正しようと噛み合わせまで変化する可能性もある事などお話頂き、改めて人間の身体の神秘を感じました。歯科発信で全身の健康の為に出来る事の可能性の広がりを教えて頂きました。
実習時間も設けて頂き、当院では既に行なっておりますが、顎関節周りの筋肉の検査も改めて学ばせて頂きました。その時に患者さんの口元だけでなく足の左右差などにも着目するというのはとても勉強になりました。

全身の健康にはやはり口腔の健康は欠かせません。そのための一助となるとても有意義な1日となりました。