福岡で行われた日本審美歯科協会30周年記念大会に院長、歯科医師の永原、浅井、懸樋が参加しました。

1日目は院長のポスター発表と、講演会。2日目は、多くの著名な先生の講演会でした。

審美歯科とは、美しさに焦点を当てた、総合的な歯科医療のこと。
機能的な側面と美的な側面、その両面に焦てた歯科治療について、様々な視点からの講演を聞く事ができました。
時代の変遷とともに歯科治療法も大きく変化していますが、患者さんの健康と健康美を追求する私たちの思いは変わりません。日々、研鑽を積んでいきたいです。