こんにちは

おおくぼ歯科クリニック 歯科衛生士の近藤です。

気がつけばもう3月!暖かくなる日を楽しみに過ごしましょう。

さて、本日、名古屋にて医経統合実践塾に参加してきました。

今回のセミナーはひと味違いました。

歯科衛生士としての歯周病や虫歯の知識、歯石除去技術アップのための講演ではなくて、

「院長はじめスタッフとの信頼関係がしっかり築けて、快適に楽しく仕事ができる環境づくりとは?」

「患者様にこの医院に通っていてよかったと感じてもらうためには?」

という内容なのかな…?

と私は感じました。

ひとことでいうとマネジメント?

いまクリニックで私のポジションは中間管理職にあたります。院長がいてリーダーがいて、私がいて、後輩がいる

職場のみんなとどうやったらもっと快適に仕事ができるのか。

マネジメントってどうすればいいの!?

そんな疑問にブチ当たっていた時に、リーダーの北野さん、ごう歯科クリニックの熊谷さんからこの実践塾の誘いを受けました。

まだ1回目なので完璧に掴めてませんが、4回コースの中で徐々に掴んでいこうと思います。

このセミナーに参加して自分はどうなりたいのか、目的を明確に細かく的確にもって2回目は参加します。

「変化できるかどうかのポイントは素直さがあるかどうか。まず受け入れる、まずやってみる。エゴをすてる」

「目的に明確さがあるとそれについてなにか得ようとしやすくなる。」

私が第1回目セミナーでこころに響いたこと。もっとあるのですが、いまは頭が整理できていなくてうまく言葉にできないのです…

んー実践塾内容が抽象的でむずかしい!

あと3回頑張ります!