こんにちは。院長の大久保恵子です。
11月12日からインドで行われたWCOIインプラント学会に参加してきました。
世界中からインプラントの専門医が集り、大変盛り上がりました。

日本からは女性歯科医師の会(WDC)の会長である、林美穂先生始め、大学の教授クラスの先生方が多く参加し、講演されました。
講演内容は、口腔外科的に大幅で大胆な骨造成(骨の無い所に骨を移植したり、骨延長したりする手法)をするケースや、歯周病学的に口腔細菌のコントロールをしてインプラントを長期温存させたケース、咬合学的にインプラントを使い咬合再構成(噛み合わせを整える)し顎関節症を治療したケースなど、多岐にわたりました。

インプラントのベーシックから新しいトピックまで幅広く学ぶことができた、貴重な学会でした。

余談ですが、お昼ゴハンもやっぱりカレー。学会会場に焼きたてナンのブースが出ていたのには驚きでした!