歯周病は、痛みや自覚症状があまり感じられないので、気づいたときには歯を失う一歩手前まで進行していることもある病気です。
とくに喫煙習慣のある人の多くは、タバコを吸っていない人よりも、数倍も歯周病にかかる確率が高くなるというデータもあります。
今までのタバコからアイコスなどの煙が出ないタイプのものに替えたから大丈夫!と思っている人もいるかもしれませんが、実際はどうなのでしょう?
今回は歯周病について、タバコと歯周病、アイコスと歯周病の関係について、詳しく説明したいと思います。

喫煙は体への悪影響は知られていますが、それだけではなく、歯周病になる原因の一つといわれています。
歯周病になってしまう原因としては、タバコに含まれるタールとニコチンが関係しています。
タールやニコチンなど有害物質が、口腔内の粘膜や歯茎から吸収されると、唾液の分泌量が少なくなり、歯垢(プラーク)や歯石が歯に付きやすくなり、歯周病になりやすい環境となります。
また、ニコチンによって血管が収縮することで血のめぐりが悪くなり、酸素や栄養が十分に運ぶことができなくなって、歯周病の進行を早めて悪化させてしまうのです。
他にも、細菌を撃退する白血球の機能低下、歯周病菌によって破壊された歯茎の修復に必要な線維芽細胞が抑制されてしまうこと、歯周ポケットが酸素不足になり歯周病菌が繁殖しやすい状態になってしまう、など、タバコを吸うと歯周病が進行するに好都合な環境になってしまうのです。
アイコスのような加熱式タバコは、従来のタバコに比べると、タールなどの有害物質が少ないといわれているようですが、アイコスにもタールやニコチンは含まれており、血流が悪くなったり、歯茎の組織を破壊したりすることに変わりありません。
また、タールの量が減ることで、歯周病の症状がはっきり感じられるようになることもあります。
タールには、「炎症を抑制する作用」や「ウイルスに対抗する作用」を持っており、そのタールが少なくなることで、今まで一般的なタバコによる歯周病の症状が抑えられていた部分が、表面化されるのです。
従来のタバコでもアイコスのような加熱式のタバコでも、ニコチンは含まれており、微量のタールでも血流が悪くなるため、喫煙をやめることが歯周病予防には効果的といえます。