こんばんは!
歯科医師のかけひです。今日は五山の送り火ですね!
クリニックは夏休み最終日。
明日からの診療にスタッフ一同気合を入れていることでしょう。

この夏休み、ずっと気になっていたキッザニア甲子園に行ってきました。
子どもが職業体験をできるこの施設、たくさんの企業が協賛しているのですが
一番気になっていたのはもちろん歯科医院!

まず歯科医師、歯科衛生士を選び、ユニフォームを着ます。
口腔内カメラで自分の口の中を観察したり、模型を使い器械でプラークを取る練習をします。

次は歯科医師はマネキンのむし歯を削り、歯科衛生士はバキュームでお水を吸う介助をします。
その後、セメントを練って歯につめていました。

保護者は中に入れず、外から覗くような状態ですのでどんな内容を話されているかはわかりませんでしたが、フロスの紹介の時に3歳の娘が大きな声で「うちにもそれあるでー!」というのが聞こえてきて思わず笑ってしまいました。

他の職業体験も大企業の監修ということもあり、かなりのクオリティでした!
このような体験が子どもの心に少しでも残り、将来の職業につながっていくこともあるんだろうなと思うと面白いですね!