マスク生活の今こそ歯列矯正はじめましょう。

その他

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、生活環境が一変した方もいらっしゃるのではないでしょうか?

外出時のマスク着用は必須となり、大半の方はリモート勤務を行なっています。
これは、言い換えると「矯正を行なっている口元を隠すことができる」というメリットにもなるのではないでしょうか。

当院でも、昨年から歯列矯正のお問い合わせが多くなっております。マスク生活のうちに歯をきれいにしたいと思う方が多いからだと思います。

矯正歯科を行う上で必ず必要となるのが「矯正器具」です。器具の種類だと針金で矯正するタイプのものから、透明のマウスピースを装着するタイプのものと様々です。

特に針金矯正といわれる方法は口を開けると矯正器具が見えてしまうため、接客業を行う方、サービス業の方とってはけんえんされがちでした。

そのため、歯の裏側に矯正器具をつける「舌側矯正治療」を選択される方もいらっしゃいましたが、この治療法に用いる器具は発音に支障をきたしたり、通常より痛みを伴う場合があるなどのデメリットもありました。

しかし、コロナ渦の現在であれば口元をマスクで隠すことが可能となり、治療中の見た目を気にすることもありませんし、リモートワークでの勤務体制も整い、コロナ渦は歯科矯正治療を行うチャンスだとも考えられます。

歯科矯正は歯の健康維持のためにも早めに行った方が効果的です!

マスクで隠れているすきに歯列矯正に思い切って投資してみませんか?