今日は「態癖(たいへき)」についてお話ししたいと思います。
日頃気付かないうちに、頬杖や伏せ寝等の癖はありませんか?

これらの癖を態癖といいます。
態癖の力は、針金やゴムの力で歯を動かす矯正の数倍といわれています。

このため、癖の種類によっては、歯が簡単に動いてしまい、歯列が乱れ、
咬みあわせが悪くなってしまいます。
また、咬みあわせが悪い事で、顎関節症や全身の姿勢にまで影響を及ぼす事があるのです。

態癖をやめる事は、お口の健康だけでなく、全身の健康を守るために必要なことなのです。
態癖の改善は、ご本人の心がけと、まわりの方のサポートが大切です。

当院では、積極的に態癖の改善を行っておりますので、いつでもご相談下さい!