こんにちは、歯科衛生士の古家です。
先日、大阪で行われた「PMTCクリニカルコース」を受講いたしました。

当日は、予防大国であるスウェーデンより
歯科衛生士の第一人者であるブリギッタ・ニーストレン先生を講師にお迎えし、
午前は座学、午後は実習と、とても充実したセミナーを受講しました。

PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略で
私達歯科従事者が行う機械的な歯面の清掃のことを意味します。

ブリギッタ先生は30年間ものあいだ臨床研究をされ、実証されたデータをもとに
より効果的で実践的なPMTCを確立し、今日まで実施されてきました。

患者さんのお口の中で、リスクの高い所はどこなのか?
どうすればその部分から汚れをしっかりと落とし、大切な歯を守ることが出来るのか?

毎日の診療の中で、最も基本的な根柢の部分にあるこの疑問について、
改めて深く考えることができたセミナーでした。

今回学んだことを今後の診療で生かし、私も患者の皆様のお口の健康を
長くながーく守っていけるようになろうと思います!