こんばんは 歯科医師のかけひです。気がつけば4月も半分過ぎ、新緑がまぶしい季節になりましたね。

先日、医療法人3医院での合同勉強会で発表させてもらいました。

私は「赤ちゃんと親への啓蒙活動の取り組み」

衛生士の古家と藤井は「ハタチでムシバゼロ」

と小児をテーマに2本立てです。どちらも予防歯科についての内容です。

予防予防とよく耳にされると思いますが予防歯科ってなんでしょう?

端的に言うと 歯を守る ことだと思います。

何から守るの?

子どもさんの場合はムシ歯 ですね! ムシ歯から歯を守る

私たちのクリニックでは20歳ででムシ歯ゼロを大きな目標に掲げています。

乳歯の時期、はえかわりの時期、ムシ歯ゼロならハタチでムシ歯ゼロになる可能性は高くなりますし、乳歯の時点で例えムシ歯ができてしまっても最終的にハタチで永久歯のムシ歯ゼロを目指します。

大人の目標「生涯自分の歯で美味しく食事をする 全ての歯を守っていく Keep28 」

そのための土台作りの時期なんです。

ハタチでムシバゼロ どう感じられますか? 自分のハタチのころを思い出してみるとどうでしょう。。

でも達成可能な目標であると私たちは思っています。やるべきことを明確にし、ご両親と子ども達自身がそれを意識して日々取り組んでもらえれば大丈夫なんです。

ハタチでムシバゼロ、そんな子どもたちをたくさん育てていきたいと思っております。