5月22日火曜日、tekotoベビーサイン教室とコラボして、「第13回乳歯からの予防歯科講座」を開催しました。

「ベビーサイン」とは、まだうまく話せない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使って「お話し」する育児法。繰り返しこちらからサインを使って話しかけることで、赤ちゃんも次第に自分の気持ちを手で表現してくれます。「tekotoベビーサイン教室」は、京都でベビーサインを教えてくださる、たむらあゆみ先生の教室です。
熱心なお母さんの集まる教室だけあり、今回も募集をかけると即満席!

「予防予防ってよく聞くけれど、予防歯科って?」
「歯を守ることの価値を知ってもらいたい。」

おおくぼ歯科クリニックの取り組みを熱く語ってきました。私たちの思いが届くと嬉しく思います。子どもたちには幼い頃からメインテナンスに行くことを習慣としてもらい、歯医者さんと上手な付き合い方をしてほしいと願っています。
そして子どもさんのお口が健康であることをご両親が望むのはもちろんですが、そのためにはご両親のお口の健康をまずは目指してほしいということ、まずは口腔内の状態を知ることから始めてもらいたいことなどをお伝えしてまいりました。

ベビーサイン教室たむらあゆみ先生のブログもぜひご覧ください。